宮崎駿監督はマーケティングにも長けていた!!

婦人服卸問屋の3代目、内田 優です。

小売店と消費者の皆様に喜んでいただく為に日々試行錯誤、悪戦苦闘しながら頑張っております。

先週末は当社の新入荷商品の売出しでした。
ご来店いただいた多くの方々、本当にありがとうございました。
信州は私が想像していたよりも随分あっさり涼しくなり(日中は暑いですが)、今日も半袖で仕事をしていましたが
社内は結構涼しく、むしろ肌寒さを感じた時間もあるくらいでした。消費者の皆様もこの涼しさで
「秋冬物の洋服が欲しい!」ってなってくれればいいなぁと思う今日この頃です。

◎アニメ界の巨匠はマーケティングにも長けていた

さて、最近のニュースではオリンピックが東京に決まるという嬉しいニュースもあれば
ジブリの宮崎駿監督が映画製作から身を引くという寂しいニュースもありました。
風の谷のナウシカ、天空の城ラピュタ、となりのトトロ、魔女の宅急便、もののけ姫、千と千尋の神隠し…
どの作品も何回観たか数えられないくらいです。
その宮崎監督は今回の映画「風立ちぬ」の公開にあたりテレビのインタビューでこんな事を言っていました。

  • 「時代に合った、その時代に必要だと思うものを作ってきた」
  • 「いい原作だと思っても時代に合わないと思うものは作らなかった」
  • 「みんなが本当に観たいと思う、そんな作品を考えて作ってきた」

アニメ映画の監督でありながら、これって「マーケティング」ですよね!
宮崎駿監督はマーケティングにも長けていた

◎自分の視点よりもお客様の視点

映画でも商売でも、自分がお客様に対して「観てもらいたい」「使ってもらいたい」「体験してもらいたい」
という思いも当然必要だとは思いますが、それよりも重要なのは、お客様側からの視点
「観たい」「使ってみたい」「体験してみたい」と思ってもらえる商品やサービスなのかという事です。
映画にしろ商売にしろ最終的にお客様に満足していただき、その対価としてお金をいただくわけです。
まず必要なのは「この商品・サービスでお客様に満足してもらえるのか、必要としてもらえるのか」という視点だと思います。
まずはお客様が満足してくれるか、必要としてくれるか
そういった視点で今一度あなたの会社やお店、扱っている商品を見直してみてはいかがでしょうか。

もちろん当社も見直します!

zp8497586rq
Tagged with:
Posted in 商売に必要な思考, 販売店様へ