60代、70代、80代のミセス&シニア向け婦人服卸問屋の3代目、内田優です。 ここ何年か、テレビでよくクイズ番組をやっていますよね。 私が小学生の時も当時人気だったクイズ番組を毎週欠かさず観ていましたが その後、一時期あまりテレビでやらなくなり、そしてまた最近復活してきた…そんな印象があります。

◎おバカブームから一転

ちょっと前は「おバカ」ブーム!?であまり勉強が得意ではなかったタレントが それほど難しくない問題でも面白い回答をしてみんなを笑わせて人気になり、 その後クイズ番組以外でもよくテレビに出ていました。 しかし、最近のクイズ番組は全く逆。 「東大出身」とか「京大出身」とか、とにかく頭がいい人たちがよく出演していて難しい問題でもサラッと答えています。 <こんな当て字のような漢字の読み方なんて必要なのか!?> と、私などは若干怒りと苛立ちを覚えることもしばしばです。 そんな私の怒りはどうでもいいのですが、それよりもここ何年かの間で視聴者が クイズ番組に求めるものが180度変わってしまったのかなぁという事を考えさせられます。 クイズ番組から考える、新たな顧客の創造

◎新しいことが「新たな顧客の創造」に繋がる

<もしかしたら婦人服業界でも自分たちが感じていないだけ、気付いていないだけで 消費者の方が求めているものは、実は全く違っているんじゃないか…> そんな事を考えました。 普段営業していると、ついつい今まで通りのことをやってしまいます。 その方がラクだからです。 しかし、それではいけません。 新しいことを考え、挑戦していかなくては。 それがきっと「新たな顧客の創造」に繋がるはずです。 クイズ番組からそんな事を考えました。 クイズ番組から考える、新たな顧客の創造   PS.お知らせです。

5月22日(木)新商品入荷の売出しを開催します!!

5月22日新商品入荷で売出し開催! 新しい商品がぞくぞく入荷をし、値段付け、店内飾りつけに追われています。 商品の詳しい事などはまた明日このブログで紹介します!