こんばんは。 小売店と消費者の為に考え、行動する婦人服卸の3代目 内田 優 です。   昨日に引き続き、今日は私の妻の実家がある 「茨城県」の紹介です。 茨城県の県庁所在地である水戸市にはものすごく大きなショッピングモールがあるんです! それがこちら↓↓ イオンモール水戸内原店 「イオンモール水戸内原店」 イオンが手掛けるショッピングモール、それもめちゃくちゃ大きいんです(@_@;) この写真ではおそらくうまく伝わらないと思いますが、とにかく大きいです。 ちょっと前に増築もしたようですが、中に入っているショップが200件近くあり、 駐車場も4000台くらいいけるそうです!! 4000台ってすごい数ですが、私は行った1月3日はその4000台の駐車場がほぼ満車。。。 駐車スペースを探すのにも苦労しました。 妻曰く、「水戸の人は行くところに迷ったらここに来る」 だそうです。 確かに平日にも何回か来ましたが、駐車場がガラガラなのは見たことがないです。 そのくらい人を集められる所なんです。 もちろん中も混んでいます。 イオンモール水戸内原店 イオンモール水戸内原店 イオンモール水戸内原店 いろんなお店が福袋を用意したり、バーゲンを始めたり メガホンを持ってお客さんを集めていました。 こういうセールの時期になってくるとあんまり静かなお店より ちょっと賑やかなお店の方が活気があってお客さんも入りやすくなるでしょうね! 誰かが入っているとその入っているお客さんを見て他のお客さんも ちょっと見てみようってなる事もあると思いますし。   200件近くお店があるって先ほど書きましたが、 その中でも私が気になったのがこちら↓↓ イオンモール水戸内原店 分かりますか?? このショッピングモールには H&M、ZARA、GAP、ユニクロと世界のアパレル売上トップ4が揃っているんです! アパレル4強激突!! しかも3店は隣合っています。 ユニクロは同じフロアのちょっと離れた場所でした。 アパレル関係者ならどうなっているのか気になりますよね~! もちろん全店見に行きました!! さすがにどの店舗も人は入っていました。 それぞれターゲットにしている年齢層などが違うと思われる為、 商品や入っているお客さんに違いがあって面白かったです。   ・H&M・・・とにかく安い!品質よりもファッション性と値段を重視。10代~30代が中心 ・ZARA・・・ファッション性重視!製品の雰囲気が良く値段もそこそこ。20代~40代が中心 ・GAP・・・ベーシックなカジュアルが中心!そこそこの値段。20代~40代が中心 ・ユニクロ・・・ご存知の通りベーシックなカジュアルと実用衣料。10代~60代と幅広い アパレル4強激突!! 年齢はあくまで私の主観ですが、だいたいそのくらいだったと思います。 比べてみて一番気になったのが、ユニクロは年齢層が幅広いという事です。 10代、20代のお客さんももちろんいますが、50代、60代くらいの方も多く 他の3店舗にはあまりいなかった層がユニクロには入っていました。 それだけユニクロは幅広い年齢層に浸透してきたということですね。 50代~60代くらいですと当社が扱う商品のターゲット層とも重なるところもありますので 大手だから関係ないと言わず、今後も注視していかないといけませんね。 ・・・っとそんな風にも思いましたが、世界トップ4のお店を一気に比べる事はできたし ものすごい人数を集められるショッピングモールも見れたし もちろん妻の実家でもゆっくり、ダラダラできたしで なかなか有意義なお正月休みでした(^^)