婦人服卸売りの3代目、内田 優です。 小売店と消費者の皆様に喜んでいただく為に日々試行錯誤、悪戦苦闘しながら頑張っております! どうも最近ブログのアップが疎かになっています… 面倒なのではなくバタバタしていてなかなか書けない状況だったんです。 松本では毎年5月は 『工芸の5月』 と銘打って市内の色んな場所で 工芸の企画が行われているんです。 その中でも最も大きなイベントが 『クラフトフェアまつもと』 という2日間のイベントで 毎年の来場者数が延べ70,000人にもなるというものすごいイベントなんです!! チャレンジ!!初の試み

◎内田繊維初の試み

で、そのイベントが今月25日(土)、26日(日)の2日間だったんです。 …と、これだけでは当社とは全く関係ありませんが、 今年は初の試みとして、当社前の駐車スペースを使って簡単な喫茶スペースと 知り合いのクラフトマンから作品を借りたりして展示してみよう!!という事になったんです。 しかもそれを決めたのが、酒を飲んでいる場で、しかも5月18日というイベント一週間前だったんです! ちょっと長くなりましたが、そんなわけでこの一週間は通常の営業+準備でバタバタしていたんです。。 そもそもなんでそんな喫茶のようなことをやろうと思ったかと言うと、
  • どうやったら人を集められるか
  • 来てくれた人たちにどうやったら喜んでもらえるのか
この2点を自分たちで実験してみようという事だったんです。 人を集めるには!?

◎小売店の為にと思ったが…

最近小売店の方の声として良く聞くのが 「お客さんが全然お店に来てくれない…」 そんな悲しい声なんです。内田繊維としてはどうにかその問題に一緒に対処していきたいと 常々考えていましたので、まず、自分たちで実験してその結果で良い部分は小売店に フィードバックしていきたいと思ったんです。 …しかーし、現実はそんなに甘いものではありませんでした…。 詳しい事はまた次回に書きますが、先ほども言った通りこのイベントは2日間で約70,000人の集客をします。 そして、当社は会場から徒歩5分程度と近く、一番人が歩く道から一本入ったところにあります。 つまり、会場、通路から近い為、集客が比較的簡単にできると考えたんです。 そこが甘かったんですねぇ~。 …そんなわけで、当社の失敗談はまた次回に…。