こんばんは。 内田繊維の 内田 優 です。 クラフトフェアの続きです。 今回が最後なのでお付き合いください(^_^;) 板に白いペンキを塗って木製の写真フレームを飾ってあります。 おそらく自分でペンキを塗ったんじゃないかと思います。 確かにプロのようなキレイさはなかったですが 雰囲気があります。暖かさもあります。 やっぱり手作りっていいですねー! ガラス製品ブース アンティーク!?の木の棚?箱?も良い雰囲気です。 私は何でも古いものに魅かれます♪ ??? なんというか、とにかくおもしろい人形 藍染の布 365日の月の満ち欠けが染められています   やはりアンティークのような雰囲気がいいです。 看板はどうやって加工しているんでしょうか   木でできた家と街 こういった看板というかPOPも 洋服の世界に活かせそうです 先ほどの木で作った家と似たような木でできた船 写真では分かりずらいですが、きれい過ぎないところが(作者の方ごめんなさい) 雰囲気あっていいです! 同じく木でできた電車 同じく観覧車 丸いフレームには竹を使っていました。(たぶん) 木製のおもちゃ 木の板に何本か溝を作って、そこをたたくと 音が鳴って木琴のようになっていました 作る過程を分かりやすく展示してあったお椀 手作りの商品は食べ物でもなんであっても こうやって作る過程を示すと大変さだったり凄さだったり ありがたみなんかをより感じる事ができると思います 最後に見たのがこの革製品のブースです 手作りと思えないほどの完成度。 丁寧な仕事です。革にも縫製にもこだわったいいものでした。 値段は恐ろしくて聞けませんでした(^_^;) ちなみに上の写真は何か月だったか、何年だったか使ったものだそうです。 いい雰囲気が出ています。 新品よりもこのバックに魅かれました。 プライベートではバックは使わないので いつか仕事用でこんなかっこいいバックを持ってみたいものです。   以上、クラフトフェア松本でした。 長くなりましたがお付き合いいだきまして ありがとうございました