婦人服卸問屋の3代目、内田 優です。 %%anc%% if (1==1) {document.getElementById("link140").style.display="none";} 小売店と消費者の皆様に喜んでいただく為に日々試行錯誤、悪戦苦闘しながら頑張っております。 今日も信州松本は結構暑かったです。当社に回ってきてくれる銀行員の方は半袖シャツで元気に働いてました。 この時期に30度近くいくんですから、そりゃ暑いですよね。でも松本は明日辺りからようやく残暑が落ち着きそう なのでこれで一安心です。あなたの地域の残暑はいかがですか?

◎『本屋』なのか『雑貨屋』なのか分からないんだけど・・・

さて、あなたは『ヴィレッジ・ヴァンガード』をご存知でしょうか? よくショッピングモールの中などにテナントとして入っているお店です。 基本は『本屋』なんですが、普通の本屋で扱っていないような、ちょっとマニアックな本が数多く置いてあって さらに面白い雑貨も一緒に売っていて、お店に行ってみると『本屋』なのか『雑貨屋』なのか分からないくらいです。 ちょっとゴチャゴチャした感じではありますが、色んなものが所狭しと並べてあって面白いんですよ~。 まだ行ったことがないという方には是非一度行っていただきたいと思います。 …って、私は決して『ヴィレッジ・ヴァンガード』の回し者なんかではありません。 そこで見ていただきたいモノがあるんです。 それが『POP』です。

◎一撃必殺の手書きPOP

この『ヴィレッジ・ヴァンガード』ではPOPが数多く使われいて、しかもその全てが手書きなんです。 色んな地域にお店はありますが、どのお店を見ても全て手書きだったと思います。 そして、その手書きのPOPの中身も面白いんです。 一言で言うと、<一撃必殺> 格闘技みたいですが、そのくらい短くて、しかもインパクトのある言葉が書かれています。 ヴィレッジ・ヴァンガードの一撃必殺POP ヴィレッジ・ヴァンガードの一撃必殺POP ヴィレッジ・ヴァンガードの一撃必殺POP どうですか??私が感じたのは、
  • あまり「売ろう」としていないPOPが多い
  • 売ろうというより、「目を留めてもらい、面白がってもらおう」というPOPが多い
  • 短い文章で分かりやすい
  • 面白い内容のものが多く、ついつい見てしまう
  • 書いているスタッフも楽しんでいそう
そんな印象を受けました。 実際私も目を留めた商品がいっぱいありましたし、面白いなぁって思った商品も数多くありました。 (買うまでは至っていませんが… あなたのお店でもこんなオモシロPOPを参考にしてみてはいかがでしょうか。 きっとお客様も目を留めてくれると思いますよ。
zp8497586rq
zp8497586rq