こんばんは。 小売店と消費者の為に考え、行動する婦人服卸の3代目 内田 優 です。   アップするのが遅くなって、ちょっと前になってしまいましたが お正月に感じた事があったんです。

「子供の行動」 についてです。

子供の行動 お正月だったので親戚が集まったんですが、その中に2歳になる前の女の子のAちゃんがいたんです。 ようやく言葉もしゃべれるようになってきていてホントに可愛いんです!! そこにいた大人たちはみんなデレデレでした(*^。^*) そこにもう一人同じ年の女の子のBちゃんがやってきたんです。 二人は初対面だったようです。 さすがに2歳くらいになると人見知りもします。 始めにいたAちゃんは場の雰囲気に慣れて遊んでいたんですが、 後からやってきたBちゃんは知らない人達がいた事でもうワンワンと泣き出してしまったんです。 お母さんがあやして泣き止んでも、知らない人の顔を見たとたんに また泣き出してしまうという感じで、どうにもなりませんでした。 その時です。 Aちゃんが誰に言われたわけでもなく、自分が遊んでた人形をBちゃんに渡しに行ったんです。 同じくらいの年の子が泣いているのを見かねてなのか 友達になろうと思ったからなのか 真意は分かりませんが、とにかく突然そんな行動に出たんです!! 結局、それでもBちゃんの機嫌は直らなかったんですが このAちゃんの行動に人間のあるべき姿や商売の本質を感じさせられました。 子供の行動

◎ギブ&テイク

  人と仲良くなりたい、何かをしてもらいたい、 そんな風に思う時、まずどうすればいいと思いますか?? 私が思うに、まず自分から相手に飛び込むという事だと思います。 きっとAちゃんは自分の人形をBちゃんに渡して仲良くなろうと思ったんじゃないかと感じました。 自分が先に相手に一歩踏み込んで仲良くなろうとする。 子供でもそんな行動ができるんです。 これは商売も同じだなぁ思います。 お客さんに「買ってもらいたい」 そう思うのであれば まず、自分がそのお客さんに対して何をしてあげることができるのか どうすれば喜んでもらえるのか そういった事を考えないといけないと思います。 お客さんに喜んでもらえた替りに対価をいただけるわけです。 喜んでもらうのが先。 対価は後。 だから、ギブ&テイク。 ギブが先でその後にテイクになっているんだと思います。 もしかしたら、ギブ&ギブ&テイクになるかもしれません。 もっとギブが必要かもしれません。 それでもいいじゃないですか!! 喜んでもらえたんであれば(^^) そう思いませんか??