こんばんは。 内田繊維の 内田 優 です。   今日で早くも8月が終わりますが まだまだ暑い日が続いていますね(*_*) 長期の天気予報によると 9月は例年より暑くなりそうとの事・・・。 その分なのか10月は例年よりも涼しくなるとか。 衣料品を扱う者からすると 9月に入ってスーッと涼しくなってくれると良いんですが・・・。 なかなかそううまくいきませんね。 こういう時こそ頭を使って何か知恵を絞らなきゃいけません!!   そこで今日は久しぶりの販促活動のアイデアです。 っと言っても当たり前といえば当たり前の様なことなんです。 しかし、どのくらいのお店がこれをやっているのでしょうか。

『サンキューレター』

  確かにお客様の住所が必要になりますので その情報をどのように得るか、という事も問題にはなりますが。 しかし、私どもの商品の購買層である50代以上の方は 比較的住所を教えて頂きやすいのではないかと思います。 例えば・・・ ◎セールの案内を送らせて下さい ◎ニュースレターを送らせて下さい ◎お直しを受けた時に住所を書いてもらう などなど。 こうして住所を教えて頂いたらサンキューレターです。 特に、初めて買って頂いた方には間違いなく出すべきです! お客様の中で記憶の残り方がぜんぜん違うはずです。 常連の方にも毎回ではなくてもたまに出すと喜んで頂けると思います。 もちろん手書きが鉄則です。 自分がもらう立場だったらどうですか? 間違いなく手書きの方が嬉しいと思います。 これは先日車のバッテリーを 全国チェーンの某カーショップで買った数日後に届いたサンキューレターです。 ここは宛名も裏面も全て手書きでした。 若干字が・・・とも思いますが、そんなのいいんです!! こういうものは感謝の気持ちがこもっていることが一番大切なんです。 全国チェーンのお店でもここまでやるんです。   もし皆様のお店がサンキューレターを書かれていなかったら 是非やってみましょう(^^) 経費なんかほどんどかかりませんからね☆ かかるのはちょっとの労力と時間だけです。 ちなみにやらないお店がなぜやらないかというと

面倒だから

  なんです。 前にもブログに書いたかもしれませんが、 手間がかかる事、面倒な事、それをやるから商売として成り立つのです。 楽をして儲かるなんてありえません。