婦人服卸売りの3代目、内田 優です。 小売店と消費者の皆様に喜んでいただく為に日々試行錯誤、悪戦苦闘しながら頑張っております! 今日の松本は一気に暑くなりました!! 最高気温がなんと31度!そして最低気温が12度(予報)! その差なんと19度!!!…一日のうちに20度近い温度変化って…。 さて、今日は前回の続きです。 前回のブログでは、お客様が “自分の感覚だけ” で一から商品を探すのは 大変で面倒な事なので、商品に目を留めてもらう為にお店側からの 『提案』 が必要だと書きました。 当社のように小売店を対象としている問屋であってもそれは同じことです。 お客様は見ているようで見ていないというか、こちらが見て欲しいと思う所を 「スゥーーー」っとスルーされてしまう事がよくあります。 もしかしたら全く 「いらない」 と思われているのかもしれませんが、 それでも目を留めてもらうことすらしてもらえないと切ないものです。。 そこで今回はお客様に、商品に目を留めてもらえるよう 『POP』 を付けました。 小売店の方に提案する為にはまず自分たちで実験です! 今までもちょこちょことはやっていましたが、今回は今までよりも大きな紙に 大きな字で書くようにしました。

◎『POPなし』 の場合

店内POPなしの場合 店内POPなしの場合 パンツ類を飾っているこの場所なんですが、 ここは当社展示場の中でも目立つ場所です。店内では一等地と言える場所です。 このままでも目に留めてもらえるかもしれませんが、どうも物足りないような…。 私にはお客様にスルーされてしまいそうな気がしました。

◎『POPあり』 の場合

店内POPありの場合 店内POPありの場合 POPでお客様の目を惹く どうですか?? やっぱりPOPがないより、POPがあった方が目立ちますよね!? POPの内容については今回は議論しないでいただく事として お店側からの『提案』として、お客様の目を留めて 気にしてもらう可能性が高くなったんじゃないでしょうか? 実際今回この場所に飾ったパンツを仕入れてくださった小売店もありました。

◎可能性を上げる事が「販促」

POPを付ければ必ず見てもらえる!…そうであればいいのですが 実際はそれでも見てもらえない事もあると思います。 しかし間違いなく言えることは、『見てもらえる可能性が高くなる』 ということです。 そういった可能性をちょっとずつ積み上げていく事がお店の「販促」なんだと思います。 あなたのお店でも是非色々とチャレンジしてみてください!!
zp8497586rq