60代以上のアクティブなミセス&シニア向け婦人服・かっこいい作業服・タオルの卸問屋3代目、内田優です。 11月に入り寒さがどんどん厳しくなってきている長野県。 自宅でも会社でもついに暖房を入れました。 これから数ヶ月間、毎日使うようになるので電気や灯油の値段が上がらないことを祈るばかりです…。

◎ブランド好きな住人

さて、昨日のテレビ番組で気になるものがありました。 しっかり観た訳ではなく、チラッと流し見た程度なので細かい事は分かりませんでしたが、 その番組ではいらないものを捨てたり、売ったりして自宅を整理しようというものだったと思います。 考えてみると、そろそろ大掃除の時期も近いですからね。 私が観た時は捨てるもの、売れるものを分別していました。 どうやらその家の住人はブランド物が好きな方だったようで、エルメスやプラダのバッグや小物などが クローゼットからいくつか出てきて、その空き箱や袋なども一緒に出てきていました。 バッグや小物は使うものは取っておいて、いらない物は売ってしまうようになったんだと思います。 (本当に適当に観ていたんで実際どうしていたのかは不明です…) おそらく買った時は結構高かったはずですからね~。いくらで売れるのか分かりませんが よっぽど使い込んでキズや汚れがない限りある程度の金額で売れるんだろうと思います。 そして気になったのが箱や袋です。 そのまま取っておいてもおそらく使わないようなものです。 そんなものは捨ててしまえ~!!と私なんかは思う訳ですが なんとその箱や袋が、中身がなくてもそれ単体で売れるそうなんです。 そんなもの誰がどう使うのか全く分かりませんが、でも、売れるんだそうです。

◎ブランド力の強さ

実際ネットオークションで確認してみました。 空箱や袋にまで価値を感じてもらえるブランド力 出てます。しかもいくつも。 何百円のものから20,000円のものまで。(入札されているかどうかは別です) すごい世界です。 空箱や袋にまで価値を感じてもらえるブランド力 これについてどうこう言うつもりはありませんが それよりも感じるのが、ブランド力の強さです。 世界的に認められるブランドになると、商品だけではなく 空箱や袋にまで価値を感じてもらえるという事です。

◎目指さないといけないレベル

確かにそれほどまでのブランド力を築き上げることはなかなかできないと思います。しかし少なくとも 『自分の会社やお店、自分自身に対して顧客や見込み客が価値を感じてくれる』 そのレベルは目指さないといけないと思います。 例えば、お客様があなたのお店であなたから洋服を買うことに喜びを感じているとしたら… どう思いますか? 嬉しくないですか?? お客様にとっても、あなたにとっても嬉しい事なんて最高ですよね。 当社としても、私自身としてもその事を踏まえて日々精進していきたいと思います。 空箱や袋にまで価値を感じてもらえるブランド力